スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空大学校一次試験対策(優先順位)

皆さんこんばんは。更新が全くできずにすみませんでした。
今日は一次試験を勉強する際の私の優先順位について書いていきたいと思います。

結論から言うと、数学=物理>英語>気象・一般常識>総合Ⅰ でした!

 点数配分で考えると英語が圧倒的に重要かと思われますが、航空大学校の英語は近年易しい問題(と言うことはミスが許されない)が多い傾向があります。なので、みっちりやってもそこまで差がつかないのかなと思います。
 一方、数学と物理はどちらの教科とも範囲が広く、幅広く網羅し、どの問題が出てきても対処できないと絶対に差がつきます!!
私の一日の勉強の流れは大体1教科1時間から1時間半に区切っていました。例えば

英語→数学(Ⅰ+A)→物理(力学)→数学(Ⅱ+B)→物理(電磁気)→英語(復習)→数学(復習)→物理(復習)

みたいな感じで勉強していました!!数学はⅠ+AとⅡ+Bを分けたり、物理は力学と電磁気をわけて別の教科として取り組んでいたので自然と、数学と物理への比重が高くなりました!
 あと、私は英語が得意なほうだったので、嫌いな文法問題ばっかりやっていました。従ってあまり長文和訳などには時間を割いていません。そのあたりも数学と物理に重点を置いた要因ですね!

私の優先順位は↑のような感じです。勿論自分の苦手教科があるのでしたら、それを最優先にするのが大事です。何をどれくらい勉強したらよいか迷った方は参考にしてみてください!!

それでは、また!



スポンサーサイト

タグ:一次試験 航空大学校 総合Ⅱ物理

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。