FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問回答

みなさん、お久しぶりです!!
更新が途絶えてしまい、申し訳ありません。予想以上に質問やコメントが多く、嬉しい限りです!
ここでいくつかの質問に纏めて答えます!

Q.日本航空の自社養成について(ジェームスさん)
日本航空に関しては、僕は一次試験で落ちてしまったので詳しいことはわからないのですが、内定は出ているようですよ!
国籍に関してですが、私が選考を受けている間で外国籍らしき方と会ったことは残念ながらありません。海外の自社養成(アメリカ)では、自社養成の募集要項に自国籍であることが記載されいました。日本の航空会社の規定などの詳しいことはわからないので、人事部に問い合わせしてみるのが確実だと思います!

Q.一次試験の基準
一次試験に基準値はありません!相対評価なので、何点とらなくてはいけないというこどではないです。逆を言えば、周りの成績に左右されるということですね。しかし、だいたいの目安はあります!僕の記憶が正しければ、総合2は6割の90点くらい、英語は近年問題が優しくなっているので7-8割、総合1はあまりわからないです。これくらいを取っていれば三次試験でも残れる点数だと思います!


Q.地方の方の勉強方法(ショウジさん)
航空大学校試験対策にはいくつか通信教育制度を行っている予備校がありますね!有名なのはイカロスとパイロット予備校ですかね。私はイカロスの通信教育ではない講座を受講していましたので、通信教育の内部まではわからないのですが私の考えるそれぞれの利点をあげてみます!
《イカロスアカデミー》
長い歴史(実績)
比較的安い受講料
模試受験

《パイロット予備校》
高い実績
e-learning
各種セミナーの充実度

などがあります。ご自身に合いそうな予備校を探してみてください!!どちらにしても最終的に合否を決めるのはご自身の努力です!合格目指して頑張ってください!

Q.数学物理が大の苦手なのですが、どうしたら良いでしょうか(典子さん)
まず初めに、不可能なんてことはありません!パイロットになりたい!そう思う強い信念が大事です。きっと航大に入ってからやエアラインに就職してからも数学物理は根底にある部分だと思います。ですので『航大に入るため』と思わず、『パイロットになるため』と思いながら励んでください!
とは言っても苦手なものは苦手で仕方ありません。特に数学や物理などは解説をみても、なぜその式をつかうのという考え方が浮かばないと問題を解くことができませんよね。なので航大専門の塾にいってみたり、普通の個別指導タイプの塾に通ってみるのも手だと思います。もし、受講料や土地柄の関係などで塾は厳しいということでしたら大学の教授、高校の先生や数学な得意な友人に尋ねるなどあると思います。つまり、近くでその分野が得意な人をみつけることだと思います!理想は教育者ですが、いなかったら友人でも全く問題ないでしょう!
苦手分野に取り組むことは辛いことだと思います。しかし、避けては通れない道です。どんな手を使っても克服し、合格をつかみましょう!頑張ってください!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。