FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日空自社養成パイロット1次選考【結果】

こんばんは!
今日は先日受けた全日空自社養成パイロット1次選考の結果がきました。

結果は合格でした!
緊張していて、一番忘れてはいけない全日空への志望理由も飛んでしまいましたが、ご縁があり2次選考へ進むことができました!
何を評価して頂いたのかはわかりませんが、この前も書いた通り、全日空への想い自分の考えるパイロットそこに至るまでの道のりをきちんとイメージして、それを伝えることができたからだと思います。僕自身もそれを伝えることが出来たので面接に悔いはありませんでした!
次は3月の下旬に「航空適性検査」と「心理検査」です。

過去の選考と変わりがなければ、「心理検査」はロールシャッハなはずです。
ロールシャッハとは紙にインクをたらして、そのシミがどんな形に見える選択肢から選ぶという検査です。
この検査は普通の人だったら心配する必要はないと思います。なので力まずいきましょう!

メインは「航空適性検査」ですね。
これは詳しくは書いちゃいけないと言われていた気がするので書けませんが、リアルな操縦ではなく操縦桿を使ったゲームみたいな検査です!
僕は過去2回この検査の前に錦糸町にあるFSシーマというところで練習していきました。ただ値段が一回2万円と少々高いのがネックです。しかし、初めてで心配だという人、どうしても自社養成受かりたいという人は行くことをオススメします!何事も準備は大事ですからね!

僕から言えるアドバイスは、マルチタスク能力を測られているので一点集中は避けましょう!あとは、当日同じグループだった人と情報共有をしてどうやったら上手くできるのかを話し合いましょう!2次試験に関しては絶対評価なのでグループ全員が良い点数なら全員受かり、全員が悪い点数なら全員が落ちます!

パイロットの方が書いてあるブログにも適性検査に少し触れているエントリーがあったので、時間があったら読んでみてください!
http://flyingfrag.blog111.fc2.com/blog-entry-69.html

ちなみに、2次選考で出会った人とは今でも連絡を取っています!選考時間は長いですが、楽しみましょう!
僕は航空無線通信士の勉強です。。。落ちたくありません!
それでは、また!

スポンサーサイト

タグ:パイロット 自社養成 ANA 全日空

全日空自社養成パイロット1次選考

こんにちは!関東は2週続けて大雪ですね!
いつからこんな雪国になってしまったのだろうか。寒い!

そんな大雪の中、昨日全日空の自社養成パイロットの1次選考に行ってきました。
三回目の自社養成パイロット面接ともなるとそこまで緊張しないと思ったのですが、やっぱり緊張しました笑

僕の場合は航空大学校への入学が決まっているので、パイロットになりたいという気持ちは十分伝わると思ったので、「何故全日空なのか」という所が焦点になるかなと思っていました。
実際の面接で聞かれたことは

・名前と居酒屋で最初に頼むもの(これは緊張ほぐしてくれるための自己紹介てきな質問)
・これまでの人生で最も努力したこと(これに関する質問は無かった)
・なぜ全日空なのか
・パイロットの訓練で過酷だと考えていること
・乗客の命をあずかることに見合うどんな努力が必要か
・苦手な人にはどう接するか
・最後に一言


こんな感じです!本来は4人のはずが、1人休みで3人だったので割と質問が多かった印象です。時間は大体30分でした!
僕は何故全日空であるかのところの理由を一つ忘れてしまい、最後に付け加えさせてもらいました。やっぱり緊張してました笑

時期的に初めての面接の方が多いので、全日空側もそれに配慮してくれていて、終始穏やかな面接でした。
結果は19日発表です。んー微妙かな笑
やはり、面接を受ける人がパイロットをどんな風に考えているのかという質問が例年多いですね!なので、自分の考えるパイロット像、パイロットになったら何をしたいか、パイロットになるまでの訓練でどこが過酷なのかなど自分が自社養成パイロットになったつもり厳しそうなところや楽しそうなところを考えるといいかも知れません!!
あと、JALも自社養成選考を始めたことに結構敏感にいるなという印象です。全日空じゃなきゃいけないんだという熱い気持ちぶつけてください!!

操縦適性検査(初期)はゲームみたいな感じです!基準は全くわかりませんが、左右バランス良くやれば大丈夫だと思います。その点、今回僕はミスしてしまったかなと思いました。

結果が出たら発表します!それでは!




タグ:全日空 ANA 自社養成 パイロット 一次面接

一次試験(勉強方法)

みなさん、こんにちは!

今日は僕がどの様な勉強方法をしていたかご紹介します!
初めに書いた通り、僕が航大受験を決意したのは4月下旬です。
一次試験までは3ヶ月という状況からスタートしました。

決意はしたものの、どの参考書をどの様に勉強したら良いかまったくわからない状況。しかも大学4年間でほとんど使ったことのない図書館に入るも集中力が持たず、あまり捗りませんでした。
昼過ぎに学校に行って、7時くらいには疲れて帰っていました。


そんな勉強具合で2週間経過後、イカロスアカデミーに入り、受講生のレベルの高さや準備具合に、このままでは合格できないとかなり焦りました。早い人は11月から準備していることを知り、ただでさえ、自分は始めるのが遅いのに何をやっているんだと取り組みの甘さを痛感!
それからは周りの誘惑を一切断ち切り、受験勉強一本に集中できる様になりました!
この頃になると図書館のお気に入りのポジションも見つけて、毎日同じ席に座っていました笑


大体朝の9時から夜の22時まで、間に休憩を挟みながら1日10時間くらい勉強してた気がします。
1つの教科を1時間でどんどんローテーションしていく感じでした!1時間勉強をして、15分くらい休む。また1時間勉強をする。その繰り返しですね!!

あと、1日の目標をきちんと決めて、今日はここまでやるんだということを自分に言い聞かせていました。勿論目標に到達できない日ありました!しかも昼食の後はどうしても眠くなってしまうので1時間くらい仮眠をとったりも。ひどい時は2時間くらい寝ちゃった日もありました笑


日にちが限られていたので、こんな詰め込みの方法になってしまいましたが、逆に良い点もありました。

それはモチベーションの保持です!

どんなに航大に入りたくても毎日勉強づけの日々は辛い。その点僕はたった3ヶ月の辛抱だと思い、集中して頑張ることが出来ました!あと、弁護士を目指している友人が近くにいて、彼は2年間365日毎日勉強だけをしていました。同じ「夢を追いかける人間」として自分の場合はたった3ヶ月の受験勉強だと思うと結構気が楽になりました。他には、イカロスに通っている友人に会うたびに、もっと頑張らなきゃと思えた仲間が側に居たことですね!

今受験勉強をしている方はモチベーションが落ちてしまうこともあると思います。しかし、その時にグッとこらえて勉強しよう!と思えることが出来たら、合格に一歩近づくんではないでしょうか!!
なので、自分でモチベーションを高める想いや行動があるといいかもしれません。
僕は休憩中にYouTubeで航空関連のビデオを観て、モチベを高めるなんてこともしました。でもYouTubeは怖いもので、関連動画を辿っていくと全く違う動画を見始めてしまい30分、1時間つぶしてしまったことも笑




↑こんな動画もあるので、航大に入ったらこんな生活が待っているんだと想像しながら勉強していました!

勉強は辛いかもしれませんが、大事なのは継続力とモチベーションの維持です!航大に入ったらもっともっと勉強の日々が続くと思います。ここで負けては航大でもやっていけないと自分に言い聞かせ、頑張ってください!!
(大学受験もしていない僕に言われなくてもわかってる人が大半だと思いますが笑) 


追伸:
航空無線通信士の試験が来週あるので、更新に間があくと思います。
なるべく投稿を続けるので、待っててください!!

タグ:航空大学校 一次試験

一次試験(その他)対策

こんにちは!!更新が途絶えてしまし申し訳ありません!

今日は一次試験の残りの分野、つまり、一般常識と気象についてです!

まず、一次試験において「その他」の分野が占める割合は36点(24%)です。
数学や物理に比べるとやや割合は低いですが、一般常識に関しては知らないと解けない問題だけに、それなりの対策をしないといけません!
と言いつつも僕が実際に準備を始めたのは1か月くらい前ですね笑

僕が使っていた本は


新聞ダイジェスト増刊 時事用語&問題 2014年 03月号 [雑誌]新聞ダイジェスト増刊 時事用語&問題 2014年 03月号 [雑誌]
(2014/02/01)
不明

商品詳細を見る


↑これです!
この本は年2回発行されるので、最新版を得るために2月以降に買うことをおすすめします。
最新の時事が載っていて、巻末に練習問題があるので、それを解けるようにすれば大丈夫だと思います!

あとは航空関連の常識問題も出題されるので、インターネットニュースでも月刊エアラインでも良いので、航空関連のニュースはチェックしておく必要があります!!
面倒かもしれませんが、新聞をチェックするというのも大事なことです。
学校の図書館なんかには毎日朝刊が置いてあるはずなので、暇を見つけて読みましょう!
全ての記事をじっくり読まなくても、目に留まった記事を読むだけでも全然違うと思います!


気象問題に関してはイカロスの講座であったので買ったものは無いのですが、過去問を解くくらいでいいんじゃないでしょうか。
講座以外では、自分で雲の種類前線の種類日本の天気に関してインターネットで調べました!

雲:
http://shizenjin.net/guide/cloud/

前線:
http://www.jma-net.go.jp/matsue/chisiki/column/front/front.html

これらのサイトで十分こと足りると思います!
ちなみに、僕は前線の問題間違えてしまいました笑
この6点と数学で必死に解く6点が同じ配点なので、ちゃんと覚えないと損ですね!

今日の分野を疎かにしてはいけないのは確かですが、あくまで数学・物理を中心に勉強して、時間をつくりながら取り組むのがベストです!

明日は僕が具体的にどんな勉強方法をしていたか、時系列に書いていきたいと思います!
皆さんの参考になれば、良いのですが!

それでは、また明日!



タグ:航空大学校 一次試験 総合Ⅱ

一次試験(物理)対策

こんにちは!今日は「物理」について書いていこうと思います!

まず物理の範囲は

自然科学(気象,力学,熱力学,波動,電気と磁気等)

と記載されています。この中で「気象」に関しては一般常識の分野だと考えて頂いて結構です!
したがって物理の範囲は力学、熱力学、波動、電気と磁気ですね!
今年のテストで物理は150点満点中54点つまり、36%を占めていました。
その中で僕が使っていた教科書は


物理のエッセンス力学・波動 改訂版 (河合塾SERIES)物理のエッセンス力学・波動 改訂版 (河合塾SERIES)
(2004/07)
浜島 清利

商品詳細を見る





物理のエッセンス電磁気・熱・原子―新課程対応 (河合塾SERIES)物理のエッセンス電磁気・熱・原子―新課程対応 (河合塾SERIES)
(2005/02/17)
浜島 清利

商品詳細を見る


です!!
航大の物理対策では恐らく王道の教科書ではないでしょうか!?
高校から物理を全く勉強していなかった僕にとっても、理解しやすい解説と注意するポイントがわかやりすく書いてあるのがいいですね!
実は物理の過去問にもこの教科書と全く同じ問題がでています。
つまり、この本も試験作成時に参考にされているかもしれません!!!

そして、試験範囲に「波動」と記載されていますが、波動に関して僕は一切勉強しませんでした!
物理のエッセンスで波動の範囲はやく50ページ。その中から出題されても6点分。
その6点のために全く理解できない波動に時間をかけるよりは、違う分野に時間をかけたいと思ったからです!
結果的に波動は6点分出題されたのですが、勘で丸をした選択肢がたまたま正解で3点もらえました笑 ラッキーでした!

僕のやり方が正しいかどうかわからないですが、「波動」に関しては時間のある人はやればいいと思います。
ただ優先順位は低くていいんじゃないかなって思います!

この2冊の他にも、もう2冊購入した本があります。

1冊目は

良問の風物理I・II頻出・標準問題集 (河合塾SERIES)良問の風物理I・II頻出・標準問題集 (河合塾SERIES)
(2006/07)
浜島 清利

商品詳細を見る


これは物理のエッセンスの難易度を上げた問題集です。
解きこまないまでも、一回解いておいて損はないです!実際、航大入試はこれくらいのレベルが以前までは出題されていたので。
でも今年の試験内容だけで考えたら要らないですね!心配な方は是非購入をおススメします。

そして2冊目は

らくらくマスター 物理基礎・物理 (河合塾SERIES)らくらくマスター 物理基礎・物理 (河合塾SERIES)
(2012/12)
河合塾物理科

商品詳細を見る


これは比較的易しい問題が沢山載っている問題集ですね!
トピックごとに公式のおさらいが出来るので移動中とかちょっと時間がある時に便利です!
僕の考えはなるべく多くの問題にふれる!ってことだったのでエッセンスを何回も解いちゃったったて人にはおススメの1冊です!

物理は以上!明日は「一般常識」について書きます!


タグ:一次試験 航空大学校 総合Ⅱ物理

一次試験(数学)対策

こんにちは!
今日は「数学」について書きたいと思います!
数学の勉強は大学1年生の時に微積と線形代数をやったのを最後に全くやっていなかったので結構苦労しました。
ただ、高校時代は一応上級クラスに身を置いていたくらい、数学は好きでした!
まず、数学が含まれる「総合Ⅱ」のテストは航大の募集要項によると

時事問題を含む社会常識及び数学(数と式,二次関数,二次方程式,三角比,三角関数,指数関数,対数関数,微分,積分,平面図形,ベクトル等),自然科学(気象,力学,熱力学,波動,電気と磁気等)の一般知識を問う試験をマークシート方式で行います。

と書いてあります。
簡単に書き換えると、一般常識、気象、物理と数学の4項目です。ということですね!
今年の総合Ⅱ(150点満点)のうち数学が占める割合は60点、つまり40%でした。
かなりのウェイトを占めていますね。
そんな数学の対策に僕が使っていた本はこれ


新課程チャート式基礎からの数学1+A新課程チャート式基礎からの数学1+A
(2012/02/14)
チャート研究所

商品詳細を見る





チャート式基礎からの数学II+Bチャート式基礎からの数学II+B
(2012/11)
不明

商品詳細を見る


いわゆる「青チャート」です!!
実は最初は黄色チャートを使っていたのですが、なんとなく不安になったので青に切り替えました。でも青チャートを使いながらも、難易度4の問題は飛ばしていたので黄色でも大丈夫だったのかななんて思います。とにかく僕はチキン&妥協して落ちたくないと思ったので「青」にしました!
イカロスアカデミーの数学の先生に

「数学も暗記モノだからなるべく多くの問題にふれて、その解法を覚えるように」

と言われたのでそういった点でチャート式はおススメできます!(現にその先生もチャート式を薦めていました)

航大においては募集要項に書いてる括弧書きの分野(数と式,二次関数,二次方程式,三角比,三角関数,指数関数,対数関数,微分,積分,平面図形,ベクトル等)が頻出なので、ここらへんは絶対に抑えたいですね!特に指数・対数は航大お気に入りの分野な印象です!
あと、数A・Bだと航大では出題されることがないであろう分野、例えば証明問題、があるので、そういった問題は飛ばしていました。

数学に関しても1日50問くらいを目標にして解きまくって、わからない問題には○をつけてできるまで解き直す。その繰り返しです!!

明日は「物理」対策を書こうと思います!

一次試験(英語)

こんにちは!今日は一次試験の「英語」について書いていきます!

まず英語はリーディング(文法・中長文読解)とリスニングに分かれています!
試験はリスニング、リーディングの順番で行う計90分の試験です。

リスニングに関して、過去の受験者の方のブログを拝見すると、「音が劣悪」や「日本人英語」など多くの不満点があった書いてありました。
しかし、僕の年からは変更があり(沢山の変更があった年です笑)、会話は外人同士の会話で音質も東京会場はクリアに聞こえました。
アメリカンイングリッシュだったので聞き取りやすかった覚えがあります!

ではここから僕が行った対策を書いていきます!

①リスニング
リスニング対策はiPhoneのアプリにTOEIC公式(だと思う)「TOEIC presents English Upgrader」というものがあり、それを主に電車の移動中に使用していました。
このアプリの良い点は問題が多くあるということと、リスニングの後にクイズが数問出されるので自分がちゃんと聞き取れているのか確認できることですね!!
航大のリスニング形式はTOEICに似ていたので、TOEIC系のリスニング対策を行えばバッチリだと思います!
ちなみにこのアプリは無料です!

あと、僕は海外スポーツが大好きなのでYOUTUBEに載っているESPN(海外のテレビ番組)を気分転換に見て、生の英語に触れるようにはしていました。
でも本当は「これはリスニングのためになる」と自分に言い聞かせて、休憩を正当化してただけなんですけどね笑

②文法
航大の文法は簡単な問題も多いですが、覚えていないとひっかかる問題も多く含まれています。
例年あまり難しくないので、周りが正解できる簡単な問題を落として差をつけたくないなって思っていました。なので決して疎かにできないですね。
そこでおススメするのが


全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)
(2005/10)
不明

商品詳細を見る


その名の通り、語法に関する問題が1000問以上あります。
航大の過去問を見ると、この本の例題と全く同じ文章がでているなんてこともあるので、試験作る人は参考にしてたりするんじゃないでしょうか。文法に関する問題を一通り網羅しています。

この本は問題編と解説編に分かれていて、切り離すことができます。
僕はひたすら問題をといて、間違えた問題には○をつけて解説を読むということをしていました。
1日100問を目安に解き、1日のノルマが終わったらその日間違ったところをもう一度解き、論理的に正解できるかどうか確認していました。
問題編の冊子は小さいので、電車の移動中や一人の食事中などでも確認できます。そういう時はランダムに○をついた箇所を確認するという作業をしていました!

この○を付ける条件なんですが、間違えた問題は勿論、理由付きで正解を選べなかったあやふやな問題にも丸をつけました
じゃないと本番の時、自信を持って解答することができないと思います。

↑の本をメインに、↓の本も使っていました。


英語頻出問題フレーズマスター: 文法・単語&語法・熟語英語頻出問題フレーズマスター: 文法・単語&語法・熟語
(2012/09/25)
霜康司、刀祢雅彦 他

商品詳細を見る



基本的な内容は「語法1000」と同じなのですが、同じ単元が表みたいになっていたので覚えやすかったです!
あとはCDが付属しているので、耳から覚えるというのも大事だと思います。

③単語
単語力は中長文読解に必ず必要になってきます。
なるべく多くの単語を知っておいて損はないと思います。知らない単語が和訳の部分にあって、それを訳すとなると大変ですからね。
僕が使っていたのは


あたりまえながらなぜ英単語はすぐ忘れてしまうのか?あたりまえながらなぜ英単語はすぐ忘れてしまうのか?
(2012/06)
山口 俊治

商品詳細を見る


↑これです。
この単語帳は一つの例文にいくつか単語が盛り込まれていて、単語をイメージしやすいのが良いポイントだと思います。
また、以前出てきた単語には番号がふってあり、わからなかったら簡単に探すことができ、復習できるのも良いです!

実は僕はイカロスアカデミーに通っていて、上の3冊はそこの先生がおススメしていたものだったので、言われるがままに僕はこれを使っていました。
その先生から1週間~2週間に100ページの単語課題が毎週課されていて、授業始めに口頭の確認テストを行っていました。これに間違えると結構ガミガミ言われるので、間違えたくない一心で単語を覚えていました笑
なので目標は1週間に50ページくらいじゃないでしょうか!
この本にもCDがついているので、CDを移動中に聞いて耳から覚えるということもしました。
ちょっと高いのはネックですね。他にはターゲットを使ってる人も多かった印象です。


英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
(2011/11/23)
宮川 幸久

商品詳細を見る


単語帳で大事なことは一冊を使いこむことです!!
なので自分がこれだと思ったものを一冊使い込んでください!

皆さんみたいに早めから準備している方だったら、1日100ページ、100問もやらなくていいと思います!
僕は本当に時間が無かったので詰め込みでした笑 ただ毎日コツコツやるということは大事です!
明日は「数学」について書く予定です!

タグ:一次試験 航空大学校 英語 リスニング 総合Ⅱ

一次試験(総合Ⅰ)対策

こんにちは!

今日は一次試験の「総合Ⅰ」に関して書いていきます!!

先日のエントリーで書いた通り、「総合Ⅰ」は就職試験のSPIに近い問題が多かったです。

就活をまだ経験していなくて、SPIを知らない人のために補足すると、

企業を受ける際に、学力をある程度測るテストです。
内容は中学校受験に近くて鶴亀算、速度の計算、仕事算、場合の数、確率や割引料金などがあります!

航空大学校の「総合Ⅰ」もこのSPIテスト形式とほぼ同じでした。

なんだ余裕じゃん!!って思うかも知れませんが、小学校の記憶は意外に覚えていないもので、全く準備せずに臨むと多分撃沈します。というか僕はそんなリスクを取れないのでしっかり準備しました。

本屋の就職活動コーナーに行けばわかると思いますが、SPI対策の本は沢山あります。
その中でどの本が最も良いか

正直どれも同じだと思います

と、これでは全くアドバイスになっていないので微々たる違いの中から僕が使用した物を紹介します!
僕は就職活動も行っていたので3つのSPI対策本を持っていました。

その中でも航大対策に最も適していると思うのは


最新最強のSPIクリア問題集 '15年版最新最強のSPIクリア問題集 '15年版
(2013/05/15)
成美堂出版編集部

商品詳細を見る


↑この本。問題数と問題レベルどちらも十分で、この一冊あれば足りるかなと思います
その次に


2015年最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集2015年最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集
(2013/05/17)
オフィス海

商品詳細を見る


↑の本。こちらは就職活動時には最も使用しましたが、航大の受験には無くても困らないと思います(理由は後程!)
そして就活を経験した人なら持ってる人も多いであろう「これが本当」シリーズ↓


[テストセンター対応] これが本当のSPI2だ! (2014年度版)[テストセンター対応] これが本当のSPI2だ! (2014年度版)
(2012/05/10)
SPIノートの会、津田 秀樹 他

商品詳細を見る


この本は航大受験においてはあまりお勧めできません。なぜなら問題数が他の二つに比べ少ない!!
問題集というよりかは教科書という表現がふさわしい本ですね。

以上の3つなのですが、実は問題の難易度順にすると

(難) 「これが本当」≧ 史上最強(二番目の青) > 最新最強(一番目の白) (易)

だと個人的には思います!
ではなぜ最も易しいものをおすすめするかというと、理由は単純で

「総合Ⅰ」は単純な計算を沢山やらせる内容だからです!!

だから、問題のレベルよりも量で選ぶといいかもしれません!
本屋で選ぶときは立ち読みで解けるくらいの問題が沢山載っている問題集をおすすめします!
今年と変わりがなければ、考え込むような問題はでないと思うので。
もし、心配であるならば二冊買って沢山問題数をこなすということをしてもいいと思います!

そして、これは試験の時の注意点なのですが、表紙に

「出来るだけに正確に解答するように」

と記載されてあった気がします!ですので僕はわからない問題があったらマークせずに飛ばしました。
中にはわからなくてもマークをしたという人もいるので、どちらが正しいかはっきりと言えませんが、注意書きと問題文をよく読むようにしてください!!
あと、最初が一番簡単とも限らないのでそこも注意ですね!

ちなみに、最後のあたりで物理の滑車を使用した釣り合いの問題とかもでましたが、僕は解くのに時間がかかると判断したので解かずに飛ばしました!!

「総合Ⅰ」に関する情報は以上です。また思い出したことがあったら追記します!



タグ:航空大学校 一次試験 総合Ⅰ

一次試験の内容と変更点

今日は一次試験の内容について書きたいと思います!!

まず、航空大学校の試験は大きくわけて3つあります!(細かく言えば脳波があるから3.5かな?)それらは

①一次試験(筆記)
②二次試験(身体検査)
③三次試験(操縦適性検査•面接)

以上の3つです。
この中で点数が付いて順位がつくと言われているのが一次試験と三次試験。
そして航大においてはこの一次試験の点数がメチャクチャ重要です!
大事なことなのでもう一度言います

一次試験の点数がめちゃくちゃ重要です!

というのも、航大の最終合否は一次試験と三次試験の成績を合わせた上位72名が合格者となるわけです。
二次試験は単純に適合か不適合かを判断されるだけなので順位はつきません。
つまり一次試験を突破したからといって、筆記の点数がそれ以降の試験に関係ないかと言うと全く逆で、最終合否に最も大きく関わってきます!!

さて、前置きが長くなりましたが、その一次試験の詳しい内容は3つあります。(それぞれの対策は後日書きます!)

①総合Ⅰ  (100点)
②英語   (100点)
③総合Ⅱ  (150点)

実は僕の年から例年と少し変わった点があります!
順番に説明していくと、まずは

①総合Ⅰ
航大のホームページには

操縦士として必要な判断・処理能力(計算処理,空間認識,確率,資料の読取等)及び自然科学の基礎的知識についての試験をマークシート方式で行います。

と記載されています。
以前まではいわゆるCABと呼ばれているパズルの様な問題をひたすら解いていくという問題でした。
しかし、今年からはSPIテストのような問題が出題され、なんと最後のほうには簡単な物理の問題も少しでました!!
正直驚きました。総合Ⅱにはどんな難しい問題がでるのだろうかって。
でも、しっかり「自然科学の基礎的知識について」と書いてありました。これが恐らく物理の問題のことですね!

そして③総合Ⅱ
こちらも航大のホームページには

時事問題を含む社会常識及び数学(数と式,二次関数,二次方程式,三角比,三角関数,指数関数,対数関数,微分,積分,平面図形,ベクトル等),自然科学(気象,力学,熱力学,波動,電気と磁気等)の一般知識を問う試験をマークシート方式で行います。

と記載されています。
以前までは、いくつか選択肢の無い手書きで記入する問題がありましたが、すべて選択肢のある問題になっていました!
これもしっかり「マークシート方式」と書いてありましたね。
「波動」という項目も今年から正式に追加されたのかな?

今思い出せる変更点はこれくらいです!
航空大学校は非常に勉強熱心な学校なので常に研究を行い、最適な入試試験は何だろうかと模索しているので、試験内容も変わってくるんだと思います!
入学試験にまつわるレポートも航大のHPに書いてあるので、興味があったら是非見てみてください!

明日からは具体的な試験対策を書いていこうと思います!


質問掲示板

ここでは皆さんからの質問を受付たいと思います!

ブログで気になったことや関係ないことなど、僕が答えられる範囲で答えます!

どんどん質問してください!可能な限り返信します!

自己紹介とこれからの展望

はじめまして!

航空大学校第61回入校予定の管理人です。

このブログを通じて

航空大学校という特殊な学校を受験する皆さんに
自分の経験や考えなど交えて少しでも有意義な情報を提供していきたい


と思っています!

というのも僕自身、航大を受験すると決めた後、何をどのように勉強したら良いのかわからず、インターネットで検索しまくった結果、頼りにしていたのが受験者のブログだったからです!

こういうブログは初めてなのでセンスを感じさせないところが多くあると思いますが、宜しくお願いします!
なるべく読んでいる皆さんにとって役に立つ情報を発信していくつもりです。

もしも聞きたいことなど質問がありましたら、質問も受け付けています!
質問掲示板にどんどん書き込んでください。僕が応えられる範囲なら答えます!

簡単に自己紹介をさせてください!!

僕は航大を初めてにして、年齢制限マックスでの受験でした。
落ちたらもう最後、後が無い状態だったので死に物狂いです。
私立文系(内部進学)の大学5年生(!?)で在学中は勉強という勉強を一切していませんでした。試験前に詰め込みで勉強するくらいかな。

なぜ大学五年生かというと、就職浪人です。
実は、違う道でパイロットを目指していました。

そう。そうそれは自社養成パイロットです。

もともと文系だった自分は、航大の過去問を見て無理だと諦めていました。
ならば目指す道は一つ。自社養成パイロット!ということで、それを目指してたのですが、2回とも途中の選考落ち。
自社養成パイロットへの道はもう無い。でも自分の夢を諦めることが出来ず、そこでようやく航大への受験を決心しました。その時2013年4月15日。航大の一次試験まで3ヶ月と一週間という状況で、僕の受験勉強はスタートしました。

これからは、そんな自分がどんな教科書を使っていたか等体験記を書いていこうと思います!!

長くなってしまいましたが、これから宜しくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。