FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日空自社養成パイロット1次選考【結果】

こんばんは!
今日は先日受けた全日空自社養成パイロット1次選考の結果がきました。

結果は合格でした!
緊張していて、一番忘れてはいけない全日空への志望理由も飛んでしまいましたが、ご縁があり2次選考へ進むことができました!
何を評価して頂いたのかはわかりませんが、この前も書いた通り、全日空への想い自分の考えるパイロットそこに至るまでの道のりをきちんとイメージして、それを伝えることができたからだと思います。僕自身もそれを伝えることが出来たので面接に悔いはありませんでした!
次は3月の下旬に「航空適性検査」と「心理検査」です。

過去の選考と変わりがなければ、「心理検査」はロールシャッハなはずです。
ロールシャッハとは紙にインクをたらして、そのシミがどんな形に見える選択肢から選ぶという検査です。
この検査は普通の人だったら心配する必要はないと思います。なので力まずいきましょう!

メインは「航空適性検査」ですね。
これは詳しくは書いちゃいけないと言われていた気がするので書けませんが、リアルな操縦ではなく操縦桿を使ったゲームみたいな検査です!
僕は過去2回この検査の前に錦糸町にあるFSシーマというところで練習していきました。ただ値段が一回2万円と少々高いのがネックです。しかし、初めてで心配だという人、どうしても自社養成受かりたいという人は行くことをオススメします!何事も準備は大事ですからね!

僕から言えるアドバイスは、マルチタスク能力を測られているので一点集中は避けましょう!あとは、当日同じグループだった人と情報共有をしてどうやったら上手くできるのかを話し合いましょう!2次試験に関しては絶対評価なのでグループ全員が良い点数なら全員受かり、全員が悪い点数なら全員が落ちます!

パイロットの方が書いてあるブログにも適性検査に少し触れているエントリーがあったので、時間があったら読んでみてください!
http://flyingfrag.blog111.fc2.com/blog-entry-69.html

ちなみに、2次選考で出会った人とは今でも連絡を取っています!選考時間は長いですが、楽しみましょう!
僕は航空無線通信士の勉強です。。。落ちたくありません!
それでは、また!

スポンサーサイト

タグ:パイロット 自社養成 ANA 全日空

全日空自社養成パイロット1次選考

こんにちは!関東は2週続けて大雪ですね!
いつからこんな雪国になってしまったのだろうか。寒い!

そんな大雪の中、昨日全日空の自社養成パイロットの1次選考に行ってきました。
三回目の自社養成パイロット面接ともなるとそこまで緊張しないと思ったのですが、やっぱり緊張しました笑

僕の場合は航空大学校への入学が決まっているので、パイロットになりたいという気持ちは十分伝わると思ったので、「何故全日空なのか」という所が焦点になるかなと思っていました。
実際の面接で聞かれたことは

・名前と居酒屋で最初に頼むもの(これは緊張ほぐしてくれるための自己紹介てきな質問)
・これまでの人生で最も努力したこと(これに関する質問は無かった)
・なぜ全日空なのか
・パイロットの訓練で過酷だと考えていること
・乗客の命をあずかることに見合うどんな努力が必要か
・苦手な人にはどう接するか
・最後に一言


こんな感じです!本来は4人のはずが、1人休みで3人だったので割と質問が多かった印象です。時間は大体30分でした!
僕は何故全日空であるかのところの理由を一つ忘れてしまい、最後に付け加えさせてもらいました。やっぱり緊張してました笑

時期的に初めての面接の方が多いので、全日空側もそれに配慮してくれていて、終始穏やかな面接でした。
結果は19日発表です。んー微妙かな笑
やはり、面接を受ける人がパイロットをどんな風に考えているのかという質問が例年多いですね!なので、自分の考えるパイロット像、パイロットになったら何をしたいか、パイロットになるまでの訓練でどこが過酷なのかなど自分が自社養成パイロットになったつもり厳しそうなところや楽しそうなところを考えるといいかも知れません!!
あと、JALも自社養成選考を始めたことに結構敏感にいるなという印象です。全日空じゃなきゃいけないんだという熱い気持ちぶつけてください!!

操縦適性検査(初期)はゲームみたいな感じです!基準は全くわかりませんが、左右バランス良くやれば大丈夫だと思います。その点、今回僕はミスしてしまったかなと思いました。

結果が出たら発表します!それでは!




タグ:全日空 ANA 自社養成 パイロット 一次面接

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。