FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空無線通信士

こんにちは!昨日この前受けた航空無線通信士の結果が家に届き、無事合格していました!!ということで、今日は航空大学校への受験対策ではなく、入学後に取らなくてはいけない「航空無線通信士」の資格試験についてです!

航空大学校に入学後は、帯広課程までに「航空特殊無線技士」を取得し、2回目の宮崎過程修了時までにその上位資格である「航空無線通信士」(別名:航空通)が必要です!これらの資格を持っていないと、せっかく入学できてもそれだけで退学になってしまいます。最も避けたい事態ですね!

「航空無線通信士」を所有していると、「航空特殊無線技士」の資格を保有していることになる(表現が正しくないかもしれません)ので、いきなり「航空無線通信士」の資格を受験することを僕はおススメします!
そして、この資格を攻略するポイントはずばり、「過去問の丸暗記」です!!

航空通の為の参考書は2つしかありません!


航空無線通信士 試験問題集 (合格精選400題)航空無線通信士 試験問題集 (合格精選400題)
(2012/03/23)
QCQ企画

商品詳細を見る





航空無線通信士―無線従事者国家試験問題解答集航空無線通信士―無線従事者国家試験問題解答集
(2012/02)
不明

商品詳細を見る


です!この他にも教科書があるのですが、僕は買いませんでした!
この2つを僕は購入したのですが、結果的に1冊目の「精選400」だけで十分だったと思っています!2冊目の青い本は参考書というよりかは、過去問集なのでひたすら過去問が載っているだけです。過去問を覚えることが最も大事なのですが、解説もわかりづらく、全く理解できませんでした!「精選400」はジャンルごとに問題が分かれていて、解説も丁寧。そして同じ形式の問題が続くので覚えやすかったです!

しかし、この本、結構間違っています。よくこの出来で出版したなと思えるくらい間違っています(笑)なので注意が必要です!逆に言えば、その間違いがわかるレベルまで理解すれば合格はかなり現実的です!法規の部分はどこが間違っているのかわからないときは、「電波法」や「○○規則」と調べるとでてくるので○○条というのと照らし合わせながら、覚えました!

英語はかなり簡単に感じました。過去問をみて、簡単だなと思ったので全く準備をせずに行ったのですが、案の定簡単でした!ただリスニングを3問正解しないと、文法がどんなに良くても不合格になってしまうので、そこは注意が必要です!あと、航空関連のことをある程度把握していないと、答えられない問題もいくつかあるので不安な人は月刊AIRLINEやインターネットなどである程度知識をつけましょう!過去問をみると大体の法律用語なども載っているので過去問に一度目を通すといいかもしれません!「遭難信号」は英語で「Distress signal」です!昼休みの時に過去問をみてて、たまたま調べたら試験にでました(笑)
過去問は下記のURLに直近の2つの過去問が載っています!
日本無線協会

電気通信術はアプリがあるので、「航空無線通信士」と検索したらでてくるやつを使いました!2分間で50文字(?)のペースを覚えるのに役立つと思います!

こんな感じです!余裕をもって3~4週間前から始めるいいと思います!僕はだらだらやっていて、結局本腰になったのは1週間前だったので、計画的に勉強する癖をつけないとまずいです。

航大に入った後の自分を想像しながら頑張ってください!!
それでは、また今度!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。